W" Research Institute

海外水ビジネス研究会


中間報告会の内容紹介が、「水道公論(日本水道新聞社発行)」2018年9月号で始まりました。12月号までの4回連載で紹介される予定です。


■海外水ビジネス研究会中間報告会開催(本行事は多数の方々のご参加をいただき終了しました。ご協力に御礼申し上げます。
私たちは、日本の海外水ビジネス(輸出、海外投資)を活性化するための現状認識の共有化や展開方策の具体的検討をおこなうため、2017年4月以来、どの組織からの制約もない私的な勉強会として研究会を実施してきました。

毎月1回、海外水ビジネスに関心を持つ水の専門家と国際金融分野の経験者が集まり、両分野の幅広い視点から議論を行い、情報の共有化を図り、課題解決方策の検討の糸口を形成することに活動の焦点をあててきました。

この度、東洋大学現代社会総合研究所のご協力をいただき、同所内に設置されています「地方創生に関するグローバル戦略研究会」の一環として6月30日(土)午後に中間報告会を開催し、これまでの検討の成果についてご報告させていただくとともに、本テーマにご関心をお持ちの皆様から、今後の活動に向けたご意見などを伺う機会を設けさせていただきます。

皆様のご参加をよろしくお願いいたします。

開催日時:2018年6月30日(土) 13時30分〜16時30分 
場   所:東洋大学白山キャンパス内1号館1階「1101教室」


テーマ: 地方創生に関わるグローバル戦略について

     −−海外における水ビジネス研究を中心として――

開会の辞  東洋大学現代社会総合研究所長・経営学部教授 石井晴夫

大学代表挨拶           学校法人東洋大学常務理事  松尾友矩

報告1 海外水ビジネス研究会の活動と論点整理 W&E研究所   山村尊房

報告2 水道地方公営企業の海外水ビジネス参画のアイデア 

                      貿易投資金融アドバイザー 工藤克典

質疑応答 

休憩 

報告3 最近の海外水ビジネスPPP事例 

                     元立命館アジア太平洋大学教授  鈴木康二

報告4 世界の水ビジネス事情  グローバルウオータージャパン  吉村和就

報告5 日本の海外水ビジネス事例1 (株)日立製作所 奥野 裕

報告6 日本の海外水ビジネス事例2 前澤工業(株)  徳武 浩幸

質疑応答 

閉会の辞  東洋大学現代社会総合研究所企画委員長・国際観光学部教授

                                            和田 尚久

                                              (敬称略)


inserted by FC2 system